2011年09月01日

千葉雄大

千葉雄大

「CHOKi CHOKi」の専属モデルや、天装戦隊ゴセイジャーの主演などを務める。
宮城県多賀城市出身。
o057306771292032665999.jpg

--------------------------------------------
奥州千葉氏

東北地方には「千葉」家がほかの地方に比べるととても多い。
なぜ関東発祥の千葉氏が東北地方に繁栄していったのか。
実は謎が多く、その詳細はわかっていないのが実際のところである。
ただ、家々には様々な伝承(ときには史実としては疑問があるものもある)があり、
そういった伝承は文化として後世に伝えていくことが大切である。

千葉氏が東北地方に関ったのは、文治5(1189)年7月にはじまった
源頼朝による奥州合戦である。
この戦いは二度にわたって行われ、
第一次奥州戦(対奥州藤原氏)では千葉常胤が東海道大将軍、
第二次奥州戦(対大河兼任)では千葉胤正が常胤に代って
海道軍大将を務めるなど軍功があり、
恩賞として奥州(おもに海道筋)に多くの所領を給わった。

千葉氏にとっては、藤原泰衡を討つことにより、
藤原秀郷に敗れた平将門の仇をとったと言える。

9月20日、平泉における論功行賞で千葉介常胤は
陸奥国行方・宇多・亘理・伊具・岩城・宮城・黒川郡内に地頭職を給わった。
常胤はのちに子息六人(千葉胤正・相馬師常・武石胤盛・大須賀胤信・国分胤通・東胤頼)
に所領を分け与え、
奥州相馬氏や亘理氏(奥州武石氏)は、このときに分与された土地を拠点として発展していった。

武石胤盛からは、亘理氏を経て涌谷伊達氏を輩出している。
伊達政宗を初め、代々伊達家に仕えた。

また、坂本龍馬も学んだ北辰一刀流を創始した千葉周作、
国際連盟事務次長を務めた新渡戸稲造は奥州千葉氏と言われている。


千葉氏の代表的な家紋
・月星
・九曜

26709.jpg
千葉氏の家紋として有名な月星


参考URL
http://members.jcom.home.ne.jp/bamen1/oushumain.htm
posted by ほし at 07:44| Comment(0) | 家系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

峯岸みなみ (AKB48)

峯岸みなみ

AKB48チームK、およびユニットノースリーブスのメンバー。
東京都出身。
img_minegishi_2011_4.jpg

--------------------------------------------
「働く水車」を経営、峯岸家

峯岸という名字は東京都周辺、特に多摩地域に集中している。
その東京都を流れる野川の岸辺、大沢の里の対岸に水車と東屋がある。
この小公園の脇を入ると江戸時代からの水車経営農家の峯岸家旧宅が残っている(市の文化財)。
平成6年に三鷹市に寄贈され、復元修理された。

その起源は、峯岸家に残る文書によると、
「大沢村の名主半兵衛と地主久衛門から敷地の提供を受けて、
府中経頭の五郎右衛門と上石原村の五右衛門が新車を設置した」とある。

しかし、当初は思うように経営が立ち行かず、2名の出資者が経営から離れた。
1817年(文化14)からは、峯岸家5代目になる婿養子の弥左衛門(乙次郎が改名)が新車を譲渡され、
それ以来、1968年(昭和43)まで水車経営を続けてきた。

峯岸家の水車は、野川から水を敷地内に引き込み、
水車小屋の中で水の流れを動力に変えて、主に穀物を製粉していた。

水の流れが水車をまわし、幾つもの歯車の連動によって様々な働きをする仕掛けは、
昔の人たちの知恵の蓄積である。


峯岸(峰岸)氏の代表的な家紋
・下り藤
・鷹の羽
・丸に久世橘
・丸に九枚笹
・丸に梅鉢
・稲
・丸に抱き茗荷
・九つ割り三つ引き
・五三桐

参考URL
http://www.mizu.gr.jp/kikanshi/mizu_28/no28_c02.html
http://www.mitakanavi.com/sanpo/suisha.html
posted by ほし at 08:38| Comment(0) | 家系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

小嶋陽菜 (AKB48)

小嶋陽菜

AKB48チームA、およびユニット「ノースリーブス」のメンバー。
埼玉県出身。
img_kojima_2011_4.jpg

--------------------------------------------
丹党、小島氏

丹党は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて
武蔵国入間郡・秩父郡・および児玉郡西部(旧賀美郡)にわたって
繁栄した武蔵七党の一つである武士団。

その中で、秩父黒丹五基房の四男・重光は、武蔵国賀美郡小島郷に住み小島四郎を称する。
榛沢三郎成房の弟である。
埼玉県本庄市小島・下野堂・杉山から上里町神保原付近が所領であったと推定されている。
小島地内の長松寺境内に土塁と空堀がみられるので、
ここが小島氏の館だったのではないかと考えられている。

丹党からは丹氏、新里氏、榛沢氏、安保氏、長浜氏、勅使河原氏、中村氏、
中山氏、大関氏、加治氏、横瀬氏、薄氏、小鹿野氏、大河原氏などが派生している。


小嶋(小島)氏の代表的な家紋
・目結(釘抜)
・橘
・剣片喰

参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E5%85%9A
http://www.ksky.ne.jp/~matu-3/27ozima.html
posted by ほし at 09:14| Comment(0) | 家系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。